システム建築とは?

システム建築とは、建物を建てる際の計画から設計に政策施工の全てをシステム化した建築方法になります。

「システム建築」と「在来工法」の徹底比較

システム建築のメリット

システム建築は、全てのプロセスをシステム化することができるので、短工期や低コストで尚且つ高品質な建物を建てることが出来ます。設計も自由設計なので用途に応じて屋根や壁、構造を選択することが出来ます。使用する鉄骨を軽減することができるので、コストをその分抑えることも出来ます。

在来工法のメリットとは

在来工法とは古くから発達してきた日本の伝統工法です。ツーバイフォー工法とは異なり、柱や梁などの軸組で構造を支える為、広い開口部を設けることができます。これによって窓を大きく作ることが出来る為、開放的な間取りを作ることが出来ます。更にリノベーションをし易いというメリットもあり、レイアウトの選択肢も多いです。

選び方を考える

建築

最近は、一戸建て住宅アパート等を建築するときに、システム建築と呼ばれるものが利用される傾向にあります。システム建築とは、すでにパーツが出来上がっており、最後に組み合わせるものです。プラモデルと同じような形になると考えてよいでしょう。現場で微妙に加工することがあるかもしれませんが、最初から形が既に決まっているため、ほとんど加工が必要ないだけでなく時間がかからないです。業者選びをするとなれば、金額で選ぶ方法が考えられます。通常の住宅よりも、建築にかかる費用が安くなる傾向にありますが、その中でも格安で利用できるところを選ぶかそれとも標準的な金額のところを選ぶか迷うところです。安いところには安いところの理由があるため、その点をよく見ておきましょう。もし安い理由が単に高級な素材を使っていないだけとすれば、耐震性などを重視している人にとってはそれほど大きな問題にならないでしょう。しかし、安くしたせいで耐震性が良いようならば、考え直さなければいけません。

時間をかけずに建築が可能

建築

数ある住宅建築方法の中で、システム建築の最大のメリットは時間があまりかからないことです。一般的には、住宅を建築する場合基礎を建築し始めてから2ヶ月程度の時間はかかります。その場で形に合わせて木材などを切らなければならず、微調整をすることがことのほか時間がかかるわけです。しかしその一方で、システム建築の場合にはすでに枠組みが出来上がってそれをはめ込むだけのため、よほど設計が間違っていない限りわずか1ヶ月程度で建築が完了します。水回り等を設置する場所をあらかじめ決まっているため、設置するときに計画と違ったと言う事はまず考えにくいです。それ以外でも、料金が安くなりがちと言うのも魅力的でしょう。料金は通常の従来工法に比べると2割位安くなる可能性もあります。

作業員

男性作業員

広告募集中